コンテンツへ
ナビゲーションを開く
評価から改善へ

CPRメータ2

CPRメータ2は、CPRに不可欠な各種パラメーターについて初期対応者にフィードバックを与え、人命を左右する心停止の初期段階で行うCPRのパフォーマンスを最適化します。

常に高品質

CPRの質が人命を左右するということは疑う余地がありません。1,2そうはいっても、自分のチームが常に質の高い胸部圧迫を行っているということをどうすれば確認できるでしょうか?CPRメータ2は、現場にいる全員が質の高い胸部圧迫を行っているかどうか確認できる、シンプルなツールです。3,4 CPRメータ2は、CPRの深さ、頻度、リリースの質を測定してリアルタイムでフィードバックしてくれます。また、実際の現場で得られる統計を通じて、CPRの担当者が自己評価を行えるようになっています。

サマリーを迅速かつ簡単に利用

胸部圧迫を行った後、その主要なパフォーマンスに関する統計情報をワンタッチで確認できるようになっています。蘇生を行う現場では様々な人が入り乱れ、落ち着いて考える時間などないのが一般的です。主なパフォーマンスに関する客観的な測定値を素早く利用してフィードバックやサマリーを得ることで、パフォーマンスを改善してより良い結果が得られるということが分かっています。6,7,8

CPRメータ アプリ

アプリの表示を横向きにすることで、プロバイダーはトレーニングパフォーマンスの視覚的なフィードバックを分析することができます。この詳細な表示により、CPRの基本的なパラメータのインサイトを提供します。さらに、プロバイダーは、重要なイベントに注釈をつけることができます。

FAQ

CPRメータ2はどのように使用しますか?

CPRメータ2には、速度と強度を測定する2つのセンサーが搭載されています。胸部圧迫時に高度なマイクロプロセッサーがこの2つのパラメーターを継続的に測定し、収集したデータが特別なアルゴリズムによって役立つ情報に変換されます。

速度計は胸部圧迫時の胸壁の動きの深さや頻度を測定し、距離を算出します。CPR時に加えた力を測定する圧力センサーを使用する目的はいくつかありますが、最も重要なのは、次の胸部圧迫を行うまでに圧力が完全にリリースされているかどうか検知することです(CPRを行う間に担当者が学習しているかどうか、フィードバックを行います)。

また、CPRメータ2は、Philips MRx、Philips XL+、Philips FR3といった除細動器で使用されているQ-CPRテクノロジーと同様の技術を使用しています。

CPRメータ2は幼児や小児に使用できますか?

CPRメータ2は8歳以上、並びに体重が25kgを超えた小児に対して使用できるよう設計されています。

CPRメータ2は除細動時に患者の胸部に取り付けたままにできますか?

ショックが必要な時はCPRメータ2を患者の胸部に取り付けたままにできますが、除細動時は胸部圧迫を中断し、CPRメータ2から手を放した状態で、患者との接触が一切ない状態にするか、適切な除細動の手順に即した状態を保つ必要があります。

フィードバック機能があるマネキンに対してCPRメータ2を使用できますか?

マネキンのフィードバック機能をオフにする必要があります。CPRメータ2は、複雑な胸部の特性が異なる様々な患者に対してCPRを行いやすくすることを目的として設計された医療機器です。CPR用のマネキンは胸部のモデルとして単純化された機構を採用していることが多く、CPR担当者のトレーニングに適しています。  そのため、これら2つのモデルの測定技術や許容値は異なっていることが多く、両方のフィードバックを有効なものとして比較することは難しくなっています。

救急車で搬送中の患者にCPRメータ2を使用できますか?

CPRメータ2は、救急車など、移動時の使用を目的として設計されていません。搬送中の患者に対してCPRメータ2を使用した場合、フィードバックが不正確になるおそれがあります。移動中にCPRが必要になった場合は、CPRメータ2で得られる深さに関するフィードバックには従わないようにしてください。患者から本装置を取りはずす必要はありません。

CPRメータ2は雨などの悪天候な環境で使用できますか?

はい、CPRメータ2にはIP 55の等級が付いています。

つまり、埃の混入や、

あらゆる方向からの水しぶきに対して一定の耐性を備えています。

バッテリーの持続時間はどの程度ですか?

CPRメータ2は使用中の単4電池の残量を継続的にモニタリングします。 電池残量がCPRをやり終えるまでに必要となる量に満たない場合でも、残量低下を知らせるインジケーターがCPR中に表示されます。  このバッテリーは、30分のCPRを最低10回行える容量になっています。CPRメータ2をスタンバイモードの状態にした場合はバッテリーが2年間持続し、30分のCPRを2回行うことができます。また、高品質なアルカリ電池をCPRメータ2に使用することが推奨されます。

CPRメータ2の電源を切った後でもQ-CPRクイックレビューのイベント統計を確認できますか?

CPRのイベント統計はCPRメータ2の電源を切る際に保存されます。そのため、再び電源を入れれば、保存済みのCPRイベントの統計データを確認することができます。CPRメータ2を使用して新たにCPRを行うと、以前のイベント統計がクイックレビューから削除され、新しいイベント統計がQCPRクイックレビューに表示されるようになります。

Q-CPRとは何ですか?

Q-CPRとは、実際の緊急時の現場で担当者が質の高いCPRをガイドラインに即した形で実施するサポートを行うことを目的としてレールダルが開発し、商標権を持つ技術プラットフォームのことです。この技術により、CPRに不可欠な各パラメーターの客観的な測定値やフィードバックを得られるだけでなく、パラメーターを保存して後でサマリーを確認したり分析を行ったりできるようになります。

患者粘着シートはどの程度の頻度で交換しますか?

患者粘着シートは臨床用途で使用した後、あるいは2年毎に交換してください。

CPRメータ2は、CPRに不可欠な各種パラメーターについて初期対応者にフィードバックを与えることで、人命を左右する心停止の初期段階で行うCPRのパフォーマンスを最適化するものです。

注意:本製品は、新生児、並びに8歳未満または25kg未満の小児に使用できません。

一般的名称:手動式心臓ポンプ
承 認 番 号:22500BZX00382000
クラス分類:クラスⅢ
管 理 区 分:高度管理医療機器

 

各種機能

物理的

重量
162g
寸法 高さx幅x奥行
153 mm x 64 mm x 25 mm

本体耐性
IP55、高さ1 mからの落下試験に合格

操作

ディスプレイ寸法
28 mm x 35 mm

タイプ
TFTディスプレイ

解像度
128 x 160ピクセル

画面上のインジケーター

電池残量低下
画面に電池残量低下のアイコンを小さく表示(電源オン)
画面に電池残量低下のアイコンを大きく表示(電源オフ)

機器のエラー通知
黄色いライト(点灯あるいは点滅)

メンテナンスの必要性
スパナのアイコン

CPR目標

胸部圧迫の深さ
≥ 50 mm  ±10 %

胸部圧迫のリリース目標
< 2.5 kg
力:+ 1.5kg~2.0 kg

胸部圧迫の頻度目標
100~120 回/分 ± 3 回/分

胸部圧迫回数カウンター
1~999(5秒後にリセット)

電源

タイプ
単4乾電池2本

動作目安 
30分間のCPRを10回

スタンバイ状態での電池寿命
2年(目安として2年経過後でも30分間のCPRが1回可能)

データ

データ保存
300分あるいはCPR20回分のデータ

データ転送
Bluetooth Smart

環境条件

保管温度
-20°C~70°C

相対湿度
5%~75%

操作温度
0°C~50°C

相対湿度
5%~95 %

患者粘着シート

サイズ
39mm x 90mm

素材
両面が生体適合粘着パッドのフォームパッド

保存期間
CPRメータ2に取り付け後 2 年間、未開封の場合 4 年間。

保証

一年間の標準保証。レールダルグローバル保証書の条件を確認してください

EMC分類
IEC 60601-1-2とRTCA/DO-160F準拠

参考資料

1.Steven L. Kronick, Michael C. Kurz, et al Part 4: Systems of Care and Continuous Quality Improvement 2015 American Heart Association Guidelines Update for Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care. 循環2015;132:S397-S413

2.Nichol G, Thomas E, Callaway CW, Hedges J, Powell JL, Aufderheide TP, Rea T, Lowe R, Brown T, Dreyer J, Davis D, Idris A, Stiell I; Resuscitation Outcomes Consortium Investigators.院外心停止事故と結果の地域的差[JAMAに修正版公開2008;300:1763].JAMA.2008;300:1423–1431.

3.Buleon, J. Parienti, J-J, Halbout, L., et. al.(2013) AJEM; Improvement in chest compression quality using feedback device (CPRmeter):a simulation randomized crossover study

4.Skorning, M., Beckers, S.K., Brokmann, J.C., et al. (2010), Resuscitation; New Visual Feedback Device Improves Performance of Chest Compressions by Professionals in Simulated Cardiac Arrest”

5.Link MS, Atkins DL, Passman RS, Halperin HR, Samson RA, White RD, Cudnik MT, Berg MD, Kudenchuk PJ, Kerber RE.Part 6: electrical therapies: automated external defibrillators, defibrillation, cardioversion, and pacing: 2010 American Heart Association Guidelines for Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care(パート6:電子治療:自動化された外部除細動器、除細動器、電気的除細動およびペーシング:心肺停止の蘇生救急および心血管救急治療に関する2010年アメリカ心臓協会ガイドライン)循環2010;122(suppl 3):S706 –S719.

6.Edelson, D. P., B. Litzinger, V. Arora, D. Walsh, S. Kim, D. S. Lauderdale, T. L. Vanden Hoek, L. B. Becker, and B. S. Abella.2008. Improving inhospital cardiac arrest process and outcomes with performance debriefing.Archives of Internal Medicine 168(10):1063-1069.

7.Zebuhr C, Sutton RM, Morrison W, Niles D, Boyle L, Nishisaki A, Meaney P, Leffelman J, Berg RA, Nadkarni VM.Evaluation of quantitative debriefing after pediatric cardiac arrest.Resuscitation、2012;83:1124-1128.

8.Dine CJ, Gersh RE, Leary M, Riegel BJ, Bellini LM, Abella BS.Improving cardiopulmonary resuscitation quality and resuscitation training by combining audiovisual feedback and debriefing (ビデオや音声のフィードバックや指導を組み合わせて心肺蘇生の品質および蘇生トレーニングの向上)Crit Care Med.2008

You must be logged in to submit the form.