コンテンツへ

レールダル・シリコン・レサシテータ

レールダル・シリコン・レサシテータ

レールダル・シリコン・レサシテータ(LSR)は、病院前、病院内、病院後のケアにおいて、医療従事者が患者の補助換気を行うことを可能にします。LSRには、成人用、小児用、新生児用のサイズがあります。

製品情報

レールダル・シリコン・レサシテータの特徴

  • シリコン素材の換気バッグは優れた伸縮力を発揮します。
  • 肺コンプライアンスを敏感に感じ取ることにより、過度の換気圧のリスクを軽減します。
  • 成人・小児・新生児患者のサイズをそれぞれご用意しました。
  • インテーク / リザーバ バルブと酸素リザーバ バッグにより、効率的な酸素供給が可能です。
  • 分解・組み立てが容易で、効率的に消毒・滅菌が可能です。
  • 独自の多機能マスクカバー付の透明マスクです。
  • 35cmH2Oの圧限定器は小児および新生児モデルに標準装備されています。
  • ラテックスフリーです。

【薬事情報】

高度管理医療機器 / 特定保守管理医療機器
製造販売承認番号:15700BZY00944000
JMDNコード:17591000

レールダル・シリコン・レサシテータ 分解図

レールダル・シリコン・レサシテータ 分解/組立手順

レールダル・シリコン・レサシテータ 機能テスト手順

品質とコンプライアンス

レールダル・シリコン・レサシテータは、5つの主要パーツで構成されています。シースルーシリコンマスクと多機能マスクカバーにより、唇の色、分泌物、嘔吐物、換気時の呼気による曇りなどを確認することができます。

一方向の患者バルブは、患者からの空気が換気バッグに再流入することなく、患者への空気の流れを可能にします。旋回するスイベルコネクターにより柔軟性が増し、様々な体勢で換気を行うことができます。

シースルーのシリコン製ベンチレーションバッグは、優れた再膨張を実現すると同時に、肺のコンプライアンスをしっかりと感じ取ることができ、過膨張のリスクを軽減します。

インテークバルブとリザーババルブが一体となっているため、必要に応じて外部の酸素供給装置に接続することができます。そして、酸素はバルブに接続された酸素リザーババッグに貯蔵することができます。

LSRのサイズ

レールダル・シリコン・レサシテータには以下のサイズがあります:

  • 成人用 - 体重20kg以上の患者

  • 小児用 - 体重2.5kg~20kgの患者

  • 新生児用 - 体重2.5kg未満の患者

また、小児用および新生児用LSRには、気道圧力が35cmH2Oを超えないようにし、肺が膨らみすぎないようにするための「ポップオフ」バルブが搭載されています。

より高い圧力が必要な場合は、バルブステムを押し下げるか、ロッククリップを使用することで、圧力リリーフバルブを閉じることができます。

ニーズに合わせたパッケージ

また、LSRのパッケージは、持ち運びに便利なコンパクトケース、目につきやすいディスプレイケース、実用的な保管に適したカートンの3種類から選ぶことができます。どのパッケージのLSRになさいますか。

You must be logged in to submit this form. If you are logged in and still cannot post, make sure "Do not track" in your browser settings is disabled.